新しい相棒、三度目の入院。

先日から私の新しい相棒となったインプレッサWRX Sti Ⅳですが、まーた今日から入院です^^;
一度目:ECU交換
二度目:エアフロセンサー交換
と二回の入院とでしたが、どちらも一時的に症状はよくなるのにエンジンチェックランプ点灯後アイドリングが不安定なるという症状が治りません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1029458300
↑この方のGC8とほぼ同じような症状が私のGC8でも見られます。
一度目の入院の前にネットで調べてこの盲点になりやすい故障のことは知っていたのですが、スバル者専門家である担当の方相手に薀蓄たれるのも嫌だなと思って黙っていました。
二度目の時はよく分からないけどこういうこともあるみたいですよって感じで担当の方に伝えていました。
今回、調子が悪いと連絡したら、「こうなるとSaikaさんの言われるように水温センサーが怪しいですね・・・」ですと^^;
エンジンチェックランプがつくと大体どこが悪いのかコンピューターのログに残るらしいのですが、水温センサーの異常は検地されないらしいので整備の方も大変でしょうね・・・。
ちなみに面白いことに、アイドリング不安定の症状は通勤の一時間程度の使用時にはまず発生しません。
エンジンが冷えないように3時間ほどほぼ連続した使用をするとランプ点灯後に症状が発生します。
とりあえず、今のままでは遠出は怖いので、しばらく遠出はお預けかな・・・。
いつも車用のお守りは熊野の那智大社まで貰いにいくんですが、いつのことになることやら。

この記事へのコメント

2010年10月14日 00:24
またですか・・・(ー_ー;)
インプレッサに限らず、スバル車はセンサー類にまつわるトラブル事例はよく聞きますね。
水温センサーとO2センサーは特に多いようで、これが原因でエンジンがハンチングを起こしたり、吹け上がらなくなってしまうようです。
最近は何でも電子制御になってしまい、診断結果に応じてデータベースから事例を調べるため、スバルのメカニックも知らない事も多いようですよ。
私のお世話になっている店では「ネットで調べた方が早い」と良く言われます^^;
なので蘊蓄はどんどん言ってあげましょう!(爆)
車もご主人も早く良くなれ~~(祈)
2010年10月16日 00:21
「ネットで調べた方が早い」って行ってもらえると気が楽ですよね。
私の場合、車の整備に関する知識は完全な素人なので、担当の方にほとんど丸投げすることに決めています^^;
保障を使わずに納車前の整備ということですべて無料で修理してくれていますし、いろいろな代車を乗ることができるので、あまりうるさく言わないように気長に行こうと考えています。

手のかかる子ほどかわいいとはよくいったもので、懲りずにこの先もスバルにはお世話になるつもりです^^;

この記事へのトラックバック