AN ANECDOTE

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニバーサル造船・秋祭り2012

<<   作成日時 : 2012/10/28 21:54  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日ですが、職場の秋祭りに顔を出してきました。
写真撮影は咎められることは無く、事前に撮影OKとの確認も撮りましたので遠慮無く撮影andアップします。

見学へはバスに乗り込んで目的地まで。
造船所は超巨大なんです。
仕事の時も現場に呼び出された時は自転車で移動。
昼休みに構内を散歩するだけで2キロ以上歩く事が出来ます^^;

船底への見学待ち
船底への見学待ち posted by (C)Saika

船底側からの見学のため、エレベーター待ちで一枚撮影。
ゴライアスクレーンと建造と中の船がいかにも造船所といった感じです


船底側から
船底側から posted by (C)Saika

船底側から見上げるとこんな感じです。


超巨大
超巨大 posted by (C)Saika

船の右後ろから。
超広角(16mm相当)で撮影しているので大袈裟に大きく写っていますが、20万トン級の船の大きさが良く伝わると思う1枚です。


船の真下
船の真下 posted by (C)Saika

船の真下に潜るとこんな感じです。
私が主に設計担当しているところはこの船底の板の向こう側の「二重底」って呼ばれている区画です。


上甲板
上甲板 posted by (C)Saika

更にバスに乗り継ぎ、今度は実際に海に浮いている船のほうへ。
こちらでは上甲板に階段で上ります。
私は慣れていますが、周りのお子様やお年寄り、女性の方々は昇るのが大変そうでした。


ブリッジを見上げる
ブリッジを見上げる posted by (C)Saika

仕事ではほとんど関わらない居住エリア&船橋に登れるということでテンションマックスです。
ココで職場の知り合いの方に遭遇。
「一人で来たの?さみしいなぁ!」と言われた・・・。
違うもん、写真撮影の時は集中したいから一人なんだもん!(震え声)


先ほど船底側から見学した船を見下ろす
先ほど船底側から見学した船を見下ろす posted by (C)Saika

船橋最上部からの眺めです。
ここまで昇るのも結構な階段があり、周りのお子様やお年寄り、女性の方々は昇るのが大変そうでした。
途中、女性の方が、「なんでこんなに昇るの?信じられない!」と旦那さんと思われる人にキレていました^^;


ブリッジ
ブリッジ posted by (C)Saika

船橋内部。
仕事ではまず来ない場所なので新鮮です。


ブリッジから上甲板を眺める
ブリッジから上甲板を眺める posted by (C)Saika

船首側を眺めてみました。
上甲板にある四角いフタのようなものは「ハッチカバー」と呼ばれる荷物を積む場所のフタです。


船首側からブリッジを眺める
船首側からブリッジを眺める posted by (C)Saika

再度上甲板まで降りて船首側まで歩きます。
ココで現場の知り合いの方に遭遇。
「おまえは仕事中にイヤというほど見れるだろ!なんなら設計止めて現場の作業に来るか?」
いえいえ、私には向いていませんので、お断りします・・・^^;
最後に船首側まで歩いて行き、先ほどの船橋を眺めてみました。


このあと、所属する部署の出店に顔を出して撤収しました。
10年働いてますが、きちんと祭りに顔を出すのは初めてだったので、結構楽しめた1日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニバーサル造船・秋祭り2012 AN ANECDOTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる