AN ANECDOTE

アクセスカウンタ

zoom RSS 風伝おろしと橋杭岩

<<   作成日時 : 2012/10/21 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、和歌山の橋杭岩まで行ってきましたが、フォト蔵とBIGLOBE blogの調子がすこぶる悪くアップロード出来ず。
ほんと、何とかしてほしい・・・。
とりあえず先週分をアップ。
狙っていた写真は無理でしたが、雲が綺麗な空を撮ることが出来ました。

橋杭岩の上に鳥(カラス?)
橋杭岩の上に鳥(カラス?) posted by (C)Saika

橋杭岩と日の出1
橋杭岩と日の出1 posted by (C)Saika

橋杭岩と日の出2
橋杭岩と日の出2 posted by (C)Saika

橋杭岩と日の出3
橋杭岩と日の出3 posted by (C)Saika

橋杭岩と日の出とダンボー
橋杭岩と日の出とダンボー posted by (C)Saika


橋杭岩からの帰宅途中にラジオで「風伝おろし」という気象現象のニュースを聞き、
今週も南下して熊野の風伝峠近くまで行ってきました。

風伝おろし
風伝おろし posted by (C)Saika

秋から冬にかけての早朝、空気が冷えることにより風伝峠(山頂)に霧が発生し、
その霧が太陽が昇ることによる温度変化で麓に降りてくる現象を「風伝おろし」と呼ぶそうです。
撮影した場所は「尾呂志」という地区名なのですが、これは風伝おろしが由来の地区名だそうです。

背後から朝日が差しているので、写真に自分の影が入ってしまってます^^;
撮影後、秋で米は収穫済みですが、丸山千枚田のほうに行ってみることに。

秋の丸山千枚田
秋の丸山千枚田 posted by (C)Saika

秋の丸山千枚田
秋の丸山千枚田 posted by (C)Saika

千枚田は霧の世界でした^^;
晴れる気配が無いので、帰路につきましたが、もう一度風伝おろしを見て帰ることに。

風伝おろし
風伝おろし posted by (C)Saika

風伝おろし
風伝おろし posted by (C)Saika

霧が大分流れてしまって規模が小さくなっていましたが、太陽の高さが高くなり自分の影を入れること無く撮影することが出来ました。
この後、帰宅しましたが、あと数回通ってみたいと感じる綺麗な景色でした。




マナーの悪いカメラマン達
マナーの悪いカメラマン達 posted by (C)Saika

さて、相変わらずマナーの悪いカメラマンがここにも出没していました。
収穫済みとはいえ、土足で勝手に田んぼの中に入って三脚設置。
カメラ持っている人間の品性が問われるから本当に止めて欲しい、というか止めろ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風伝おろしと橋杭岩 AN ANECDOTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる